賃貸マンション・アパートTOP > 不動産お役立ち情報 > 引越時に必要な手続きあれこれ

不動産お役立ち情報

引越時に必要な手続きあれこれ

お部屋が決まったら、さあ引越の準備です。荷物を運び出す前にやるべき事務手続きがたくさんあることをご存知ですか。引越手順をしっかり予習して、新しい生活を1日でも早く楽しく快適にスタートさせましょう。

まずは段取りを組む

もれなく進めるために段取りを組んで慌てないようにしましょう!

(1)必要な手続きと期限を確認しよう
引越前、引越後にやっておく手続きをすべてあらい出しておきましょう。新居ですぐに使いたいインターネットや固定電話など早めにしておきたい手続きもしっかり把握しておいてください。また現在住んでいるお部屋の退去申告の期限を確認するのも忘れずに。申告期限を過ぎてからだと引越した翌月分の家賃まで支払うことになりかねません。

(2)スケジュールを立てよう
引越までの必要な手続きが出そろったら、次にスケジュールを立てます。役所などの公共機関、不動産会社や大家さんを訪問する日、インターネットで手続きを済ませる日など、会社や学校などの日程と照らし合わせて無理なく動ける日を設定します。公共機関などは同じ窓口で行える手続きが多数あるので無駄足を踏まないためにもチェックしておくこと。またインターネット上で申請ができるものも多くなっていますので確認しておきましょう。

引越前までにやること

引越の1~2週間前が最もやるべき手続きが多い時期です。ここをスムーズに乗り切るためにも準備をしっかりしておきましょう!

(1)役所での手続き
転出届、国民年金・国民健康保険の手続き、印鑑登録の手続き、乳児医療費助成や児童手当、介護保険、犬の登録変更などです。

(2)郵便物の転送届け
郵便局ホームページまたは郵便局窓口に転出届をだしておくと、1年間は新住所に郵便物を無料で転送してくれます。申請から登録までには数日かかるため、早めに手続きを済ませておきましょう。

(3)電気・ガス・水道の手続き
各社ホームページから現住居の停止手続きと、新居での開始手続きを行います。ただガスについては閉栓・開栓いずれも立ち合いが必要なこともあります。立ち合いできる日を前もって確認してから連絡を入れましょう。

(4)NHK・衛星放送・ケーブルテレビの契約変更
NHKや衛星放送はホームページから契約変更の手続きができます。ケーブルテレビの場合は設備撤去や、引越先での接続工事が必要な場合もあるので早めに連絡を入れておきましょう。

(5)その他の各種手続き
新聞や携帯電話など住所変更が必要なものも忘れずに手続きを行いましょう。

引越後にやること

引越後の手続きは、新生活を早く落ち着かせるためにも引越作業が終わったらすぐにでもやっておきましょう!

(1)役所での手続き
転居届と住民票の取得、転校書類の提出、国民年金・国民健康保険の手続き、印鑑登録の手続き、乳児医療費助成や児童手当、介護保険、犬の登録などです。

(2)運転免許証の住所変更と車庫証明の手続き
管轄の警察署や運転免許センターで行います。手続きに必要な書類は、運転免許証、印鑑、住民票や健康保険証など新住所を確認できるもの。運転免許証の住所変更とあわせて、車庫証明を申請しておくと手間が省けます。申請に必要な書類は車検証、印鑑、駐車場付近の見取り図など。都道府県によって異なるので事前に確認しましょう。

(3)自動車・自動二輪車の登録変更
登録変更手続きは住所を管轄する陸運支局で行います。自動車の場合は引越後15日以内に行います。必要書類は車庫証明、印鑑、車検証、住民票。別の陸運支局管轄内に引越した場合はナンバープレートが変わるので、車両を持っていって新プレートを取り付けてもらいましょう。

引越手続きだけでもこんなにあるんですよね。お部屋が決まったらすぐにでも引越の段取りと準備をしっかり整え、効率良く進めていきたいですね。

一覧へ戻る