賃貸マンション・アパートTOP > 不動産お役立ち情報 > 不動産用語説明“設備・構造編”

不動産お役立ち情報

不動産用語説明“設備・構造編”

不動産の広告でよく目にする専門用語。設備や構造に関する用語をちょっとでも理解していればもっと自分に合ったお部屋探しが快適に、楽しくなりますよ!

設備

(1)フローリングとクッションフロア
フローリングは木材でできた床のことです。木の感触や木目の持つ風合いが好まれ、また断熱効果、防音性にも優れているので多くの賃貸物件で使われています。クッションフロアはビニール製のシートにクッションが入った床材で、キッチンやバス、トイレなど水周りで使用されています。ビニール製なので汚れもサッとひと拭きでOK。木目調のクッションフロアもあるので、フローリングと間違わないでね!

(2)ディンプルキー
鍵の表面が鍵山ではなく、小さなくぼみ(ディンプル)が付いていて、シリンダー内に並べられたピンの制御をそのくぼみによって行います。鍵のパターンが多く、複製が難しいことからピッキングに強いとされています。

(3)CATV
有線放送または、ケーブルテレビのこと。通信ケーブルを敷設することで多チャンネル番組のほか、高速インターネット、テレビ電話など多彩なサービスを受けることができます。CATV対応の賃貸物件であっても、加入料や受信料は実費になります。

(4)CS・BS端子
BS端子が付いているお部屋は、BS対応のテレビを端子につなぐだけでCS・BS放送いずれも視聴可能です。アンテナはいりませんが、加入料や受信料はもちろん自前になります。近年はBS端子付きの賃貸物件も増えてきました。BS放送を見ることが多いという人には外せない条件ですよね。

(5)ビルトインコンロとテーブルコンロ
ビルトインコンロはシステムキッチンに組み込まれたコンロです。お掃除が簡単で調理機能も充実し、見た目もすっきりしています。テーブルコンロはコンロ台の上に置いて使用するコンロのことです。

(6)シャワードレッサー
大きな洗面ボウルとシャワーを備え、洗面、洗髪、化粧などができる洗面台のことです。近年は多くのアパートやマンションに設備の一つとして付いています。入浴しなくても洗髪できるのがメリットですね。

(その他)宅配ボックス
マンションのエントランスホールに設置された共用の宅配ボックス。不在時の荷物を一時的に保管し、部屋番号のICカードで開錠し受け取ります。いつでも荷物が受け取れる宅配ボックスは共働きや一人暮らしの方には嬉しい設備です。

その他、わからない用語などがあったらテクトピアのスタッフにどんどん訊いてくださいね!

構造

鉄筋コンクリート(RC)
マンションで多く見られるのが鉄筋コンクリート造です。圧縮力に強いコンクリートと、引っ張る力に強い鉄筋を組み合わせた構造は木造住宅に比べて耐久性が高く耐震性にも優れています。

鉄骨(S)
柱や梁など建物の骨組みに鉄骨を用いた構造のことを鉄骨造といいます。木造に比べ強度は高く、鉄筋コンクリート造よりも建物は軽く、柱と柱の間隔を大きく取ることができるので、大きな空間や大きな窓を造ることができます。

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)
鉄骨の柱や梁などの骨組みに、コンクリートを打ち込んだ構造で、鉄筋コンクリートと鉄骨の長所を持ち合わせています。鉄筋コンクリート造よりも耐震性が高く、柱も細くできています。

知識が深くなればなるほど、広い視野で快適なお部屋探しができますね。不動産情報の見方も変わってくるはずですよ。自分に合ったいいお部屋を見つけてくださいね!

一覧へ戻る