賃貸マンション・アパートTOP > 不動産お役立ち情報 > 賃貸のクリーニング代の相場とは?内訳や支払い方法について解説

不動産お役立ち情報

賃貸のクリーニング代の相場とは?
内訳や支払い方法について解説

引っ越しをお考えの方は、退去時に支払うクリーニング代がどのくらいかかるのか心配な方も多いのではないでしょうか?退去前に頑張って掃除をすれば、クリーニング代は支払わなくてもいいかどうかも知りたいですよね。ここでは賃貸物件のクリーニング代や、どのようなクリーニングをするのか、また料金はどのくらいかかるのかをご紹介します。

退去費用とは?

賃貸アパートから退去する際に、退去費が発生します。賃貸契約により何を支払うかが決められています。賃貸契約は法律に反しない限り、貸主と借主の当人同士で自由に契約可能です。そのため内訳などは契約によって異なります。

自由に決めていいために退去時にトラブルが多く発生することを踏まえて、国土交通省住宅局では「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を発行しました。しかし現状では契約に特約がついてガイドラインでは義務とされていないハウスクリーニングなどが含まれ退去費用が高額になってしまうケースが少なくありません。

退去費用の内訳

退去費用の内訳は原状回復費用とハウスクリーニング代です。原状回復に関しては、国土交通省住宅局「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、次のように定義されています。

”原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること”

つまり通常の使用による劣化以外の、不注意によって壊れたり掃除を怠けたためにダメージが生じたりした場合に発生する費用です。

ハウスクリーニング代は専門業者に依頼しての清掃費用です。国土交通省のガイドラインでは賃貸人が支払うことが望ましいとされていますが、特約で指定された場合は退去費用に含まれます。

貸主負担・入居者負担

普通の利用の仕方でも少しずつ劣化していきます。壁紙や畳の日焼けをして色が抜けたという場合は貸主の負担です。一方、入居者の故意または不注意によって起きたダメージは入居者の負担となります。

ポスターなどを壁に画鋲で貼っていたために付いた画鋲の穴はどうでしょうか。意外と知られていませんが、壁に関しては下地ボードの張替えが必要かどうかが焦点になります。下地ボードまで達していない場合は、貸主負担です。反対に釘やネジを打ち込んで重いものを設置すると下地ボードを張替えなくてはいけない状態なので、入居者負担となります。

基本的に借主はごみを撤去し水周りやレンジ周りなどの一般的な清掃をして退去すれば、ハウスクリーニング代は貸主負担です。ただし特約でハウスクリーニング代を入居者負担にして契約していると支払い義務が生じてしまいます。

ここで注意したいのは敷金の償却について契約で規定されていた場合です。敷金の一部を原状回復用費用等に使うために償却するという契約内容であれば、新たに請求されることはありません。二重に支払わないように注意しましょう。

賃貸のクリーニング費用の相場

賃貸のクリーニング費用は、クリーニングを依頼する会社によって異なります。料金が安い会社に依頼したいと思っても、基本的には管理会社や貸主が指定するクリーニング業者が利用されることがほとんどです。

しかしどの程度の料金が必要になるのかを知りたいですよね。そこで数社の料金表から割り出したクリーニング費用の相場を紹介します。あくまで目安の料金ですが、参考にしてください。

一人暮らしのワンルームの場合

多くの一人暮らし用のワンルームマンションは20〜35㎡くらいの広さです。一概にはいえませんが、バスタブがない部屋も多くキッチンもIH調理機が1口しかないといった部屋も多いため、ファミリー向けマンションと比較するとクリーニング料金が割安になる傾向です。

A社:20㎡のワンルームマンション約26,400円(1㎡あたり1,320円)
B社:ワンルーム35,000円~
C社:1K/1DK 26,400~52,800円

広さやバスルーム、キッチンの状態、ベランダの有無で料金が変わります。ベランダはA社の場合は部屋と同様に1㎡あたり1,320円で計算しています。
以上のようにワンルームマンションですと、だいたい3万円前後が相場と考えられます。

ファミリー向けの2LDKの場合

次にファミリー向けの2LDKを考えてみましょう。広さにして55㎡以上、バスタブ付きのバスルーム、キッチンは2口以上のIH調理器またはガスコンロとレンジフードといった作りが多いでしょう。

A社:55㎡のマンション72,600円(1㎡あたり1,320円)
B社:55㎡位 60,000円~
C社:2LDK/3DK 48,400~96,800円

ベランダがあればベランダクリーニング費用が足される場合があります。
基本的には7万円前後が相場と考えられます。

クリーニング代の内訳

クリーニングは部屋全体のクリーニングのほか水周りや設置されている器具類など部分的に汚れが多く、普段のお掃除だけでは不十分な場所を重点的にします。ここではどのようなクリーニングが行われるのか、場所別に説明します。

ペストコントロール

ペストとは病名ではなく、ハウスクリーニングでは、ネズミやゴキブリ、ダニ、カビといった有害生物全般のことを指します。有害生物をヒトの生活にダメージを与えないようにコントロールすることがペストコントロールです。環境に優しい方法を駆使して害虫など有害生物を防御します。

床の洗浄とワックスがけ

フローリング仕上げの床は汚れや傷がつきやすいため、ワックスで保護します。専用の機材を使って床を徹底して洗浄したあとでワックスを塗布します。ていねいな仕上げをする場合は、普通の洗浄ではなくハクリ洗浄をします。ハクリ洗浄とは汚れたワックスを完全に取り除く作業で、洗浄後に新たにワックスを塗布します。この工程があれば、ワックス内部に汚れが入り込むのを防ぐことができます。

キッチンのクリーニング

キッチンの加熱調理機の周辺やレンジフードは油汚れやヌメリがこびりついています。汚れの種類に応じて専用の洗剤等を使用して洗浄します。加熱調理機にはガスコンロとIHの2種類がありますが、IHの方が掃除がしやすいためクリーニング代も若干割安です。

ビルトインタイプの食洗機やオーブンがあるキッチンでは、このような器具もクリーニングをします。また天井はきれいに見えても油汚れが付着しているため、ていねいな洗浄が必要です。

バスルームのクリーニング

お風呂はカビや水垢が発生しやすい場所です。普段のお掃除ではなかなかできないエプロンを取り外してのクリーニングとなります。エプロンというのは、バスタブを保護するために装着しているカバー部分のことです。バスタブとカバーの間には隙間があるため、湿気がたまりやすくカビが発生してしまいます。

マンションやアパートのバスルームは窓が付いていないことがほとんどなので、さらにカビが発生しやすい状況です。そのため換気扇が設置されていますが、換気扇内もカビが発生しているため分解して清掃する必要があります。
また洗浄後にカビを発生しにくくする目的でカビ防止コートを塗布する場合もあります。

洗面所・トイレのクリーニング

洗面所やトイレは常に水を流しているのできれいに見えるのですが、黄ばみやヌメリがつきやすい部分です。また、ダクトも汚れていると室内に臭いが残ってしまうので分解して掃除をする場合があります。

ウォシュレットが装着されていれば、分解しての清掃が必要です。

ガラスサッシや網戸のクリーニング

網戸など窓の周辺は外部からのホコリや手垢が付着しやすい場所です。またレール部分は掃除がしにくいので専門器具で清掃します。

ガラス部分は研磨など特殊技術を使うことで透明度が増します。大きな窓や、窓の数が多い物件はクリーニング代が高額です。

ベランダのクリーニング

ベランダは雨風にさらされておりカビや黒ずみが蓄積されています。床の素材もコンクリートむき出しなので、普通の清掃では汚れが落ちません。そこで高圧洗浄機といった専用器具で汚れを除去します。

エアコンの内部洗浄

物件にエアコンが設置されている場合はエアコンの内部洗浄が必須です。また室外機も汚れをそのままにしていると故障の原因となるため、洗浄します。壁掛けタイプ、お掃除機能付タイプ、天井埋め込みタイプといった種類ごとに料金が変わります。

クリーニング費用にエアコンが含まれていないこともあるので、別途請求される可能性もあります。特約でエアコンの洗浄が賃借人が支払うことになっているか確認しておきましょう。

クリーニング費用の支払い期限

クリーニング代は原状回復費用と同様に、敷金から引かれることがほとんどです。しかし敷金0円という賃貸アパート・マンションも増えてきました。敷金0円の場合はいつ支払わなければならないのかを知っておきましょう。

クリーニング費用はいつ請求されるのか

クリーニング費用の支払いは退去後に管理会社や貸主が住宅を確認し、見積書や精算書を作成し費用を請求することが一般的です。ほとんどの場合、退去後約1ヶ月後に請求されます。

一般的には敷金から退去費用が差し引かれて敷金が返却されますが、敷金・礼金が0円の場合は請求書がきます。敷金・礼金0円の物件の場合トラブルになることも多いため、入居時にクリーニング費用を支払うシステムにしているところもあります。

クリーニング費用の支払期限はいつ

クリーニング費用は一般的に敷金から徴収されます。クリーニング費用などを敷金から差し引かれた金額が、退去後に戻ってきます。敷金を返金する時期は一般的に契約書に記載されていますが、だいたい退去後1〜2ヶ月くらいです。基本的には原状回復工事を終えた時期くらいでしょう。

しかし敷金礼金0円の物件の場合はいつクリーニング費用を支払うのでしょうか?

敷金から差し引かれる場合は、立ち退いたあとなどに現状を確認し必要な費用を見積もりますが、敷金礼金のない物件では、入居時の契約で退去時に〇〇円のハウスクリーニング代を支払うことと明記されています。部屋の状況に関わらず、一定額が決まっているので退去が決まったらすぐに請求される場合もあります。支払い期限は契約によるので契約書を確認してください。契約時に確認しておくと安心です。

クリーニング代を安くする方法とは?

基本的には通常の利用による汚れは貸主が負担することになっています。しかし契約によってハウスクリーニングが入居者に義務付けられている場合はクリーニング代は定額となっています。そのため契約時にほぼ決まった額となるため、特に安くすることはできません。

しかし通常のハウスクリーニングだけでは落ちない汚れがあれば、清掃費用が追加でかかる場合があるため普段から気をつけておきましょう。
次のような箇所は追加料金がかかる可能性があります。

・賃借人がキッチン使用後に手入れをしなかったための油汚れ
・結露をそのままにしておいたために生じたカビやシミ
・クーラーの水漏れを放置したための壁の腐食
・タバコのヤニや臭い
・壁の釘やネジによる穴(画鋲程度は賃借人に義務はありません)
・落書きなど故意に汚した場所

賃貸契約時にクリーニング代について確認しておこう!

賃貸物件のクリーニング代についてご紹介しました。基本的にはクリーニング代は、入居者に支払い義務があるわけではありません。しかし契約時に特約で規定されていれば、支払い義務が生じます。どんなに気をつけて生活していても、次の入居者のためにクリーニングは不可欠ですが、実際は賃貸人が支払うように国土交通省のガイドラインでも示されています。契約時に確認しておくことが大切です。

※掲載の写真はすべてイメージです。

一覧へ戻る