不動産お役立ち情報

水回りを綺麗に保とう!

普段からお掃除をしていても汚れがたまってしまう水回り。これからのジメジメした季節は特に清潔にしておきたいものです。水回りの掃除をお悩み別に解説していきましょう。

排水溝のヌメリを取るには?

排水溝のヌメリ取りは、夕食の片づけが済んだ一日の終わりに必ずやっておきたいお掃除ですよね。ただ洗うだけではなく、重曹と食酢を使えばヌメリも簡単に落ちていつも以上にサッパリしますよ。重曹100ccを排水溝に流し入れた後に食酢100cc+熱湯100ccを混ぜた液を流し入れます。このとき泡が出てくるのですぐに蓋をして、30分以上おいておきます。その後、熱湯でよくすすげばしつこいヌメリもさっぱりキレイ。毎日するのは面倒という方は、排水溝にぬるま湯を勢いよく流すだけでもOK!
ただ洗うだけよりもヌメリ取りの効果はアップします。また三角コーナーと排水溝の汚れをキレイに落としたら、そのまま逆さにして朝まで乾燥させておくとヌメリが付きにくくなりますよ。
身近な物を使った裏技もご紹介。10円玉を5~6枚ほどストッキングに入れて排水溝にぶらさげておくと、銅のイオン分解作用でヌメリが付きにくくなります。丸めたアルミホイルを排水溝や三角コーナーに入れておくのも効果的。出がらしの麦茶パックを排水溝に一晩入れておくだけで悪臭やヌメリ防止にもなります。

トイレを清潔に保ちたい

トイレの一番の汚れは、便器にこびりついた黄ばみ。放っておくと頑固な汚れとなり、来客時に慌ててサッと拭いたところでなかなかキレイには取れません。こんな時は、塩素系の洗剤をトイレットペーパーにしみ込ませ汚れに付着させてから歯ブラシでゴシゴシこする作業を繰り返すとキレイに落ちます。塩素系の洗剤を使用する際は、有害なガスが発生してしまうので、酸性の洗剤や食酢、アルコール等とは決して混ぜないこと!! さらに、換気を十分に行いながらお掃除しましょうね。

やっぱり気になる! 鏡ウロコ!

“お風呂の鏡が白く汚れているのは仕方がない…”と思っている人も多いのではないでしょうか。この汚れ、キレイに落ちるんですよ。クエン酸または食酢小さじ1杯と水100ccをよく溶かした液体を汚れた鏡にスプレーし、上からラップを貼り付けて半日ほど放置します。その後、ウエスで水拭きして仕上げに乾拭きすればピッカピッカ。それでも落ちない頑固な汚れには、クレンザーを使って手のひらで円を描くように磨いていきます。その後、ウエスで水拭きし、マイクロファイバーで仕上げます。

蛇口をピカピカにしたい

クレンザーでこすり洗いするだけで蛇口はピカピカになります。スポンジが届かないところは歯ブラシを使うと効果的です。汚れを落とした後に重曹をふりかければつや出しにもなります。頑固な汚れには、食酢を水で薄めた酢水をふりかけてみてください。それでも落ちない汚れは、酢水をウエスにしみ込ませて蛇口に巻きつけてしばらく置いてから重曹をふりかけてウエスで拭きあげます。そして蛇口をキレイにお掃除したら水垢の発生を防ぐためにも最後に乾拭きして仕上げることが大切です。

頑固な汚れになる前に、水回りはこまめに毎日お掃除することが大切ですね。これからの梅雨時期は特にきれいにお手入れして快適に過ごしたいものです。

一覧へ戻る