不動産お役立ち情報

賃貸契約の流れと注意点

気に入った部屋がみつかったら、契約の手続きが始まります。契約から入居までの流れとそれぞれのポイントを抑えておけば部屋探しの時も安心です!

(1)まずは入居の申込みから!

いくつも内見してお気に入りの部屋が見つかったら、入居の申込みをします。すぐに入居の申込みをしたい気持ちは分かりますが、今一度、自分が出した部屋探しの条件を確認してみてください。キャンセルとなったら大家さんや不動産会社、同じ物件を検討している方に迷惑を掛けてしまうことに。きちんと納得した上で申込みに臨みましょう。

入居申込書には何を書くの?
一般的には住所、氏名、勤務先、収入、勤続年数、保証人などを記入します。保証人は親族に頼むのが一般的ですが、友人や知人でも可能です。ただ、家賃滞納が続くと保証人に請求がいってしまうので事前に承諾を得ておきましょう。これらの書類は入居審査に必要となります。

申込金はどのくらい支払うの?
申込金は仮押さえという意味合いで支払うお金です。金額は1万円から家賃1ヶ月分程度です。契約が成立しなかった場合は全額返還されます。成立した場合はその後支払う、敷金・礼金など契約金の一部にあてられます。

(2)次に入居審査を受けます!

入居申込書から入居にふさわしい人物かを大家さんや不動産会社が審査します。家賃がきちんと支払われるかが重要視されるため、特に収入や勤続年数などがチェックされます。転職が多い、フリーター、保証人がいないといった人は審査が通らないこともあります。

(3)審査が通ったらいよいよ契約!

無事、入居審査に通ると、「重要事項説明」が行われます。物件の構造や設備、禁止事項など契約内容を確認する大切な説明です。通常は不動産会社の宅地建物取引士が読み上げるのですが、分からない専門用語や疑問点がある場合は、その場で必ず確認して納得した上で署名・捺印をしましょう。

契約時に必要なもの
本人と保証人の住民票・源泉徴収票や確定申告書など収入を証明する書類、印鑑証明、連帯保証人承諾書、火災保険加入申込書、印鑑、身分証明書、銀行口座預金通帳など。

(4)物件の引き渡しで新生活のスタートです!

契約が成立し鍵を受け取ったら、いよいよ新居へのお引越。ですが、荷物を運ぶ前にもう一度、傷や汚れ、破損している箇所がないか部屋のすみずみを点検しましょう。もし見つけた場合はすぐに不動産会社に連絡を。退去時に敷金を余分に取られてしまうなどのトラブルにならいためにも必ずしておきたい作業です。他には、入口や窓の採寸も忘れずにしておきましょう。家具や家電製品が入らない、カーテンの長さが合わないといった失敗も意外と多いようです。

契約時は専門用語が多くて戸惑うことがあるかもしれません。分からないことはすぐその場で確認することが賃貸契約での大切な事です。ようやく出合ったお気に入りの部屋で気持ちよく新生活をスタートさせましょう!

一覧へ戻る