賃貸マンション・アパートTOP > 不動産お役立ち情報 > 防犯・防災対策してますか?

不動産お役立ち情報

防犯・防災対策してますか?

いつ起こるかわからない自然災害や犯罪。自分や家族の身を守るためにも普段から準備や対策を整えることが大切です。日頃から知っておきたい防犯・防災対策をご紹介します。

防犯

手口も巧妙になってきた昨今の犯罪。1階じゃないから大丈夫、は昔の話です。ドアや窓の施錠は基本のこと、ちょっとした心掛けが防犯につながります。

インターホンが鳴ってもすぐに開けない
事前に来客があると分かっていても、ドアスコープで必ず確認しましょう。見知らぬ人ならばインターホン越しに、またドアチェーンやドアガードをしたまま対応するのが防犯対策の基本です。

就寝・外出時は施錠を確認
玄関のドアだけではなく、全室の窓、浴室、トイレなど全ての窓に施錠をしたことを確認してから就寝・外出しましょう。

鍵には印になるモノを付けない
自宅の鍵には部屋の番号や住所、電話番号などがわかるキーケースやキーホルダーを付けないことです。万が一紛失した場合、悪用されたりトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

長期不在時は新聞を一時停止
長期間留守にする時は、新聞の配達を一時とめておきましょう。郵便受けが一杯になっていると留守を知らせていることになります。また郵便物も手続きをすれば郵便局が預かってくれます。

地震

家具の転倒でケガをしたり避難経路をふさいでしまう怖れもあります。安全な家具の設置や転倒防止対策は引越の時がチャンスです。

家具は固定する
タンスなどの家具は転倒防止金具や耐震シートなどで固定します。家電製品は専用の金具を用意していることもあるので、メーカーに問い合わせを。また、家具の上など高い場所にはモノを置かないようにします。

家具の配置
特に寝室や子ども部屋、高齢者の部屋や、出入口付近には背の高い家具を置かないようにしましょう。またベッドや布団の位置を家具から離したり、倒れにくい家具の側にするなども転倒による被害対策の一つです。

飛散防止対策
食器やガラス戸が割れてガラスが飛散すると、足場が悪く避難できなかったり、足にケガをしてしまいます。食器棚の引き出しにはストッパーを付け、ガラスの扉には飛散防止フィルムを貼るなどの対策をします。

火災

火災は自宅だけでなく、近隣にも大きな被害を与えます。暖房器具を使う今の時期は特に注意が必要です。

消火器の使い方を確認しておく
居室用の消火器をいつでも目に付く使いやすい場所に設置し、使いこなせるようにしておくと安心です。

自宅から火災が発生したら
自力で消火できる程度であれば、水や消火器などを使って消火します。天井まで火の手がまわっているなど被害が大きくなっているようなら速やかに119番へ通報し、すぐに避難しましょう。その際、延焼を防ぐために窓や玄関ドアを必ず締めて避難します。

消火器の使い方

  • 障害物にぶつけないよう、火災の起きている場所(7~8m手前)近くまで運ぶ
  • 黄色の安全ピンを引き抜く
  • ホースを外し、的をきちんと定めるためホースの先端をしっかり持って火元に向ける
  • レバーを強く握って放射する

※消火器の種類によって放射時間や距離は異なります。
本体の表示を確認しておきましょう。

台風

台風が近づくとテレビやラジオで台風情報が伝えられますが、実際どれほどの風力があるのか数字だけでは分かりません。小型といえども台風が接近したら外出は控えましょう。

家の周りを確認
風で飛ばされそうなモノは、室内にいれるか固定します。庭木には支柱をたて、物置には鍵をかけておきましょう。

飛来物による破損を防ぐ
強風による飛来物で破損を防ぐため、雨戸やカーテン、ブラインドはしっかり閉めましょう。

戸締まりはしっかりと
雨水が吹き込まないよう窓や雨戸、玄関ドアには鍵をかけるのを忘れずに。

防災グッズの用意・避難所の確認も

飲料水、食料、救急医療品、懐中電灯、乾電池、ラジオ、生理用品、乳幼児用品など防災グッズを用意しておくことも大切です。また県のホームページなどで自分の地域の避難場所の確認も忘れずにしておきましょう。

《静岡県ホームページ~避難施設~》
http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/seisaku/hogo_hinan.html

日ごろから意識を高め、いざという時のための対策をしておきましょう。

一覧へ戻る